バーテンダーのオジサマ・立原志麻(45)
TOP INFO TITLE RELEASE RADIO SHOP LINK ENQUETE SUPPORT
NEW RELEASE SPECIAL
星色のおくりもの キャラクターソング&ドラマCDブラザーズ〜Always With Me!ブレスレス・ハンターバトラーズ〜鈴蘭屋敷の異邦人〜
Copyright(c)
2007-2017 Luv Records
/Beatniks Inc. All rights reserved.
ブレスレス・ハンター 第3巻
ブレスレス・ハンター 第3巻 ■トラックリスト
01:拉致
02:過去
03:起源
04:戦場
05:幻銃
06:消滅
07:別離
08:ミニドラマ
09:ラストメッセージ/勇生
10:ラストメッセージ/優毅
●試聴
 本編ドラマより抜粋
キャスト
谷山 紀章(櫂原 優毅役)/菅沼 久義(高出水 勇生役)/吉野 裕行(村瀬 豪役)
杉山 紀彰(雨月 鎮役)/佐藤 朱(ベネトナーシュ役)
馬場 圭介(岩切 耕一郎役)/臺 奈津樹(狩野 奈槻役) ほか
内容詳細
★本編ドラマ『ブレスレス・ハンター』最終話(トラック01〜07)
ブレスレス化した勇生の幼なじみを優毅が倒した事件から数ヶ月、2人の間には気まずい関係が続いていた。
そんなある日、勇生は友人である雨月に呼び出され、そのまま拉致されてしまう。時を同じくして、最強のハンター・ベネトナーシュの正体と、雨月が倒すべき敵であることを知った優毅と村瀬は、複雑な思いを抱きながら雨月の待つ場所へ向かう。そこは、膨大な数のブレスレスが暴走する壮絶な戦場だった。
絶望的な状況の中、勇生はある選択をする――。

★ミニドラマ(完結編)(トラック08)
国営非合法ホストクラブ「STAB」で美少年ホストとして働く勇生と優毅は、ホストによる人類の支配をもくろみ多くの女性を意のままにするカリスマホスト・雨月を阻止するため、彼の経営するホストクラブ「ブレスレス」へ乗り込む。彼らの最後の勝負は、ホストクラブでも決して笑顔を見せない謎の女性ベネトナーシュを笑わせることだった!

★ラストメッセージ(トラック09、10)
優毅(CV:谷山 紀章)にとっては妹であり、勇生(CV:菅沼 久義)にとっては恋人である1人の少女に対し、それぞれに想いを綴った手紙を朗読。原作者・葛西 伸哉 氏自らが筆を取った、シリーズ完結にふさわしい感動必至の内容です!
キャストコメント
――収録を終えての感想をお願いします。

谷山さん: これでシリーズが終わるんだと思うと、やり遂げた安心感がありますね。無事大団円を迎えてよかったなという気持ちでいっぱいです。

菅沼さん: 1年かけて作ったものなので、思い入れもひとしおです。終わってしまうのはなんだか寂しいなと思います。その分自分の思いの丈を出せたと思うので、ぜひ聴いてください。

吉野さん: もうちょっと活躍したかったです。彼には戦い続けてほしいので。

杉山さん: 僕は2作目から参加させていただきまして、前回は本筋に絡まずに裏で暗躍していたので詳細がよくわからなかったんですが、今回は「悪役」とハッキリ言えるくらいわかりやすく、演じていてとてもやりやすかったです。

佐藤さん: 私は今回初参加なんですが、家で台本を読んでいる時にはどう演じようかなと迷っていたんですけれども、すでに3作目となる出演者の皆様にひっぱっていただいて、気持ちよく演じさせていただきました。

――3巻の新キャラクター・ベネトナーシュを演じての印象を教えてください。

佐藤さん: ブレスレスになった後のベネトナーシュというのは、すごく人を寄せ付けない雰囲気があるんですけれども、その状態でどの程度熱くなっていくのか、そのあたりを切り替えていくのが難しいと感じました。かっこいいというイメージよりも、人間らしいところを出していくように心がけました。

――それぞれのキャラクターの魅力を引き出すために注意したところを教えてください。

谷山さん: どこか影を引きずっているニュアンスがセリフ1つ1つに出るように気をつけました。それで3作演じ通したので、結構しんどかったですね(苦笑) 最後にハッピーエンドを見たのは非常に良かったなと思います。

菅沼さん: 良く言えば正義感なのですが、変に潔癖症なところがある役だと思ったので、そこが伝わるようにと思って演じていました。度が過ぎる正義というのは、下手をすると悪に繋がってしまうんじゃないかなという気持ちも込めて。

吉野さん: 強気。プライド高い感じとか……。

杉山さん: 雨月は自分のやっていることを悪いことだと思っていない、今の世の中が間違っていて、自分の考えが正しいという信念のもとに行動しているキャラクターです。演じる上で、単純な悪にならないよう気をつけたつもりです。

佐藤さん: 彼女の1番の目的はオリジンを倒すということで……。でも最初はそうじゃなかったという部分もあって。彼女がどんな風に解放されていくのかとか、大事なシーンばかりが続いたので、全部大切に演じさせていただきました。

――ファンの皆様へメッセージをお願いします。

谷山さん: とにかく通して聴いてほしいなと。これで物語も無事終えることができたので、ぜひこれを聴いて何か感じてほしいなと思います。

菅沼さん: 今までずっとじらされて1年かかりましたからね、それをいっぺんに聴けるチャンスなので、今回初めて情報を聞いて「聴いてみたいな」という方は、まとめて買って聴いていただけたらなと思います。

吉野さん: 第3巻で決着がつきましたが、皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです! 最後まで聞いてくれた皆さん、ありがとう〜!!

杉山さん: これで『ブレスレスハンター』の世界が1つ完結した形です。僕もそうなんですけど、お話がまだ続いている途中の状態より全部出揃ってから聴きたいという方は、こうして揃ったところで第1巻から聴いていただきたいと思います。

佐藤さん: ぜひ聴いてください! 素敵なキャラクターたちだと思います。それぞれに決着をつけ、巣立ちを迎えるシーンで終わるので、そのあたりがどうなっているのか、ぜひ楽しみに聴いてください。

『ブレスレス・ハンター』

【タイトル】ブレスレス・ハンター 第3巻
【発売日】2008年5月28日
【税込価格】3,000円(本体価格2,857円)
【品番】BNLV-1008
【JANコード】45-712896-0014-5
【販売元】株式会社ビートニクス
【キャスト】谷山 紀章(櫂原 優毅役)/菅沼 久義(高出水 勇生役)/吉野 裕行(村瀬 豪役)/杉山 紀彰(雨月 鎮役)/佐藤 朱(ベネトナーシュ役)/馬場 圭介(岩切 耕一郎役)/臺 奈津樹(狩野 奈槻役) ほか
Beatniks-Shopで買う
(C) 2007-2008 Shinya Kasai

軍服のオジサマ・ジェイムズ バーンズ(49)