学ランのオウジサマ・倉澤景(18)
TOP INFO TITLE RELEASE RADIO SHOP LINK ENQUETE SUPPORT
NEW RELEASE SPECIAL
星色のおくりもの キャラクターソング&ドラマCDブラザーズ〜Always With Me!ブレスレス・ハンターバトラーズ〜鈴蘭屋敷の異邦人〜
Copyright(c)
2007-2017 Luv Records
/Beatniks Inc. All rights reserved.
櫂原 優毅役・谷山 紀章さん(写真右)と高出水 勇生役・菅沼 久義さん(写真左) 約1年間に渡って制作が行われたドラマCD『ブレスレス・ハンター』。
本作の中心となったのはもちろん、櫂原 優毅役・谷山 紀章さん(写真右)と高出水 勇生役・菅沼 久義さん(写真左)です。
彼らが演じたのは、愛する人間を亡くし、<幻銃(ガン・ファントム)>という常識外の武器を手に戦いへ身を投じることになった2人の少年です。2人の戦いにおける迷いや苦悩は実に対照的で、わかりあえたかと思えばすれ違いを繰り返します。こうした繊細な心理描写は、怪物ブレスレスとの戦いを描く本格アクションシーンとともに、本作の大きな聴きどころのひとつです。
ドラマCDシリーズの完結を記念して、メインキャストの2人による対談をお届けします。
 

『ブレスレス・ハンター』シリーズを終えて

高出水 勇生(CV:菅沼 久義)
▲高出水 勇生
(CV:菅沼 久義)
菅沼 :
谷山くんはどうでしたか?
谷山 :
ホッとしてます、終わって。とりあえず無事終わらせることができて、この作品に携わる者として、ホッとしています。ひとまずの終わりを見ましたから。でもね、君のキャラ(勇生)はアレですわ。
菅沼 :
うん、何?
谷山 :
僕(優毅)はずーっとシリアスにやってるのに、どっかこう能天気みたいなトーンでしゃべるでしょ?
菅沼 :
うん。
谷山 :
イラついてしょうがないよね(笑) イラっときてしょうがないですよ。
菅沼 :
そういう役だから。
谷山 :
う〜ん……。俺(優毅)はなんかもう、ずーっとしかめっつらで、ねぇ? 「だって君(勇生)は恋人殺されてるんだよ? 何なんだね一体!?」と思ってました、僕は。「この子は本当に恋人を殺されてるのかな? 自覚してるのかな? 」っていう風に、常々思ってました。
菅沼 :
いいトコ気付いたよ、谷山君。
谷山 :
俺1発目から気づいてたから。
菅沼 :
いいトコ気付いた、うん。

「優毅」というキャラクターについて

櫂原 優毅(CV:谷山 紀章)
▲櫂原 優毅
(CV:谷山 紀章)
谷山 :
完璧だろう、俺は。
菅沼 :
言わせてもらうと、暗いんですよ。
谷山 :
(笑)
菅沼 :
もうずーっとね、「こんな暗い人いないだろうな〜。実際あんな暗い奴いたら、誰もついてこないだろうな〜」って思ってました。こんなにテンション下がってたらもうね、ちょっと……無理だなっていう(笑)
谷山 :
無理だよ。俺も無理だよ(笑)
菅沼 :
実際、(優毅と勇生が)お互い倦怠期的な感じにもなったんですけど。
谷山 :
2人(優毅と勇生)の間に微妙な空気あったね。
菅沼 :
そうそう。3巻の出だしもちょっと微妙だったからね、2人の関係が。
谷山 :
良かったよ〜、最後大団円で。

<幻銃(ガン・ファントム)>について

※<幻銃(ガン・ファントム)>はそれぞれに名称を与えられ、その名称が使用者のコードネームにもなっている。
谷山 :
<幻銃(ガン・ファントム)>ってのはさ、カッコイイよね、ネーミングとか。
菅沼 :
(笑)
谷山 :
ただ、具体的にどういうものなのか、自分らでイメージするしかない。
菅沼 :
そうだね。イメージはしてたけどね。
谷山 :
<幻銃(ガン・ファントム)>、俺シリウス。
菅沼 :
俺アルゴル。
谷山 :
シリウスは結構でかい(笑)
菅沼 :
アルゴルは小さい(笑) 小さいけど連射が可能。
谷山 :
俺のは連射がきかない(笑) あれ? よっちんぐ(村瀬 豪役:吉野 裕行さん)のはどんなんだっけ?
菅沼 :
ナックル的な。
谷山 :
あぁナックル的なやつだ! いいですね〜。
菅沼 :
吉野さんのは……ベテルギウス? っぽいよね(笑)
谷山 :
ベテルギウスっぽい感じするもん。
菅沼 :
うん(笑) そこはかとなくね。

「村瀬(ベテルギウス)」というキャラクターについて

村瀬 豪(CV:吉野 裕行)
▲村瀬 豪
(CV:吉野 裕行)
谷山 :
ずっと3人でやってきた感じで…… 3人の個性があってね。(物語の)初めはギスギスしてたんだよね。ベテルギウスがバンバンいろんなこと言って来るからさ〜。
菅沼 :
そうそう(笑) やかましい奴だったんだよね。
谷山 :
「お前、ただでさえ俺は妹殺されてへこんでんのに、そんなにバンバン先輩風吹かしてよ? べテルちゃん」という。
菅沼 :
そうそう、正直ウザかったよね、あれはね(笑)
谷山 :
「すごい嫌な奴だな〜」と思ってたんだけど、3巻の最後に少し、わかりあえてはいないけど戦友みたいな感じで、認めてくれたじゃん、べテルギウスも。
菅沼 :
うん、いい奴いい奴。
谷山 :
それも良かったなと思って。こういうことなんだなって。1つの物語を紡いでいくっていうのは。
菅沼 :
そうそう。
谷山 :
戦いを共にしていくっていうのはこういう効果を生むんだな、って改めて思ったよね。色々なものを背負う人たちが、感情をあらわにして戦いながら、1つ成し遂げたというところが、本当に良かったなと思います。
(2008年4月都内スタジオにて)
『ブレスレス・ハンター』
(C) 2007-2008 Shinya Kasai

スーツのオジサマ・佐伯誠人(56)